コート・ド・カシのヌメロトワ ラミュレット プラセンタサプリ。

コート・ド・カシのヌメロトワラミュレットプラセンタサプリの画像。
ウマ プラセンタ サプリメント

ヌメロトワ ラミュレット プラセンタサプリの基本情報。

種類ウマプラセンタサプリメント。(国産馬プラセンタ使用)
入り数1袋 60カプセル。
価格8,510円。(税込)
1カプセル141.8円
内容量 1カプセルに350mgのウマプラセンタ原末配合。
割安感 大いに有り。(100mg約40.5円)
特徴医療用ラエンネック注射剤を製造している株式会社日本生物製剤社製のサプリメント。
日本生物製剤独自の抽出方法で作られていて医療機関専売のJBPプラセンタサプリと同じ純度。
胎盤だけでなく、臍帯、羊膜を含んでいる。
不定期でお得なキャンペーンもあります。
通常価格(1袋60カプセル)8,510円1カプセル141.8円100mg当たり約40.5円
初回限定(1袋60カプセル)4,990円1カプセル83.2円100mg当たり約23.8円
20カプセル3,888円1カプセル194.4円100mg当たり約55.5円

・こちらは全て税込価格で表示しています。
・価格が変更になっている場合がありますので、ご自身で確認をお願いします。

1カプセルに350mgのウマプラセンタ原末。ヌメロトワ ラミュレット プラセンタサプリ。

高い品質にこだわった、ウマプラセンタサプリメント。

多分、今このレビューを読んでくださっている多くの方はコート・ド・カシという会社もヌメロトワ ラミュレットプラセンタサプリという名前も聞いたことがないと思います。

最初から隠さずに言ってしまいますとヌメロトワ ラミュレットプラセンタサプリはプラセンタのトップメーカーのひとつ株式会社日本生物製剤で作られたサプリメントです。

ラエンネック製法で作られたプラセンタサプリメント。

プラセンタに興味のある方ならプラセンタ注射の情報を知っている方が多いと思います。

プラセンタ注射剤「ラエンネック」を製造・販売しているのが株式会社日本生物製剤なのですが、このヌメロトワを販売している株式会社コート・ド・カシは日本生物製剤の系列会社なのです。

そんなきちんとした出自のサプリメントが何故、ほとんど世に知られていないかというと

「宣伝」

というものをほとんどしていないからなのです。

宣伝には莫大なコストがかかるとか。

コート・ド・カシ代表の難波様にお伺いしたことがあるのですが、基本は「ナチュラルな口コミ」にこだわりたいそう。

お金を出して宣伝や紹介してもらうのは簡単だけれども、それは難波様のポリシーに反するとのことでした。

私もまったくの偶然からコート・ド・カシとヌメロトワを知った一人です。

違う会社のプラセンタサプリメントを注文したことがあったのですが、そのサプリメントは日本生物製剤から原材料のプラセンタエキス末を提供してもらって作られていました。

そのときに

「株式会社日本生物製剤ってどんな会社なんだろう?」

「どこにある会社なのかな?」

と、なんとなく興味があって日本生物製剤の公式ホームページをチェックし、そこからコート・ド・カシに辿り着きました。

ヌメロトワは派手な宣伝をしない代わりに高い品質にこだわり、国産ウマプラセンタ原末を採算が取れる限界ギリギリまで1カプセルに詰め込んだそうです。

ラエンネック製法で作られたヌメロトワラミュレットプラセンタサプリ。

ヌメロトワラミュレットプラセンタサプリ。

このヌメロトワラミュレットプラセンタサプリは医療現場で使われているプラセンタ注射剤・ラエンネックと同じラエンネック製法で作られているので、お肌に有用な成分が壊れることなく豊富に含まれています。

そして胎盤だけでなく、最近、注目されている臍帯や羊膜も含まれているのです。

今日、数え切れないほどたくさんのプラセンタサプリメントが製造・販売されていますが、その中でも1,2を争う高品質なサプリメントだと思っています。

お値段は1袋60カプセルで8,510円、1カプセル約140円とパッと見て、少し高く感じるかもしれません。

が、上の表をみていただくとカプセルの中身は国産のウマプラセンタ原末100%、しかも1カプセル350mgも入っているので割安感があります。

もしなんとなくプラセンタサプリメントを飲んでいる方がいたら、ちょっと計算してみると自分が飲んでいるサプリが割高なのか割安なのか、わかっていいかもしれません。

私は毎晩、体調や翌日の予定に合わせて2~3カプセル飲んでいます。

お肌の乾燥やごわつき、つややハリ不足など年齢に負けない健やかなお肌や健康を保ちたい方にオススメです。

良かったらぜひチェックしてみてくださいね。

コート・ド・カシ

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。